パート主婦の英語学習日記

二歳の子を育てながら英語学習を続けるパート主婦の日記。

NHKラジオ英語番組のレビュー(その1 入門者向け)

英語は何もかも忘れている状況だったので、まず毎日ラジオを聴くことから始めました。

聞き始めたのは、確か2017年の12月頃だったと記憶しています。

(このブログを始めた頃ですね)

自宅では小さな子供がいて勉強できないので、もっぱら学習ができるのは仕事の昼休みと電車通勤(30分)の間のみでした。

1日の学習時間は、トータルで1時間15分ほどです。

私が聞いているのは、次の番組です。

今回の記事では、赤字の講座についてレビューを書きます。

 

  • 「英会話タイムトライアル」
  • 「ラジオ英会話」
  • 「入門ビジネス英語」(月・火)
  • 「実践ビジネス英語」(水~金)
  • ボキャブライダー」

 

これらの番組を選んだ理由は単純で、昼休みの間に放送されていたから。

聞き始めたばかりでついていけたのは、英会話タイムトライアルとボキャブライダーだけでした。

 

タイムトライアルは、ネイティブの先生が簡単な英語で話すトレーニングをしてくれます。私のように英語が苦手な初心者の方には、大変おすすめです。

教えてくれるフレーズは汎用性が高く、私は講義で使ったフレーズをディクテートして、できるだけその場で覚えました。

全部は覚えきれませんし、すぐ忘れてしまうのですが、少しずつ言えるフレーズが増えていきました。

 

ボキャブライダーは、毎回4つの単語を例文を交えて学習します。こちらも初心者向けですが、なかなか馬鹿にできず、語彙力を増やすのに多いに貢献してくれました。

 

結論: 英会話タイムトライアルとボキャブライダーは、英語初心者に超おすすめ!

 

 

__________________________________________

How to learn English (My Version, for English beginners)

 

I had learnt English for 8 years in my school days though, I barely remembered it.

I started learning English via radio programs on December 2017.

I am a mother of two-years-old little son, so I have very limited time for studying English.

I decided to spend my lunch break and commute time on learning.

I chose following programs:

 

  • English Time Trial
  • Radio English
  • Business communication for beginners
  • Business communication in action
  • Vocaburider (It means (English) vocabulary and rider.)

 

Why did I choose them? The answer is that they were being aired in my break.

At first, I could catch up only a few programs, like “English Time Trial” and “Vocaburider.”

They are for beginners.

 

Say about “English Time Trial”, it’s a great program for beginners.

The teachers, Steve Soreci and Jenny Skidmore from US, teach us simple and useful phrases.

I always dictate their conversation and try to memorize them in time.

Of course, I sometimes forget them, but my English skill is improving little by little.

 

“Vocaburider” enable you to increase your vocabulary.

It provides 4 words and sample sentences every lesson.

This program targets English beginner, but it will definitely increase your vocabulary even if you are above intermediate level.

レーシック後の近視の戻り

私は、2008年頃レーシックを受けました。

10年ほど視力は良好(1.2~1.5)だったのですが、ここにきて低下し、両眼とも0.6ほどに下がってしまいました。

レーシックで矯正しても、長期的には近視が戻ってしまう人がいるようです。

こちらの記事によると、8年後には強度近視の被験者の6割が1.0未満の視力になってしまったようですね。     

 

視力が戻ってしまったのは残念ですが、運転など危ないので、慌てて近くのJINSで眼鏡を作りました。

視力を1.0に矯正する、ごく弱い眼鏡です。

40代は老眼が始まる時期でもあり、近視があることで、都合がよいこともあるようです。

老眼は近くのものが見辛い。近視は近くのものが見やすい。

近視があるからといって老視にならないわけではないのですが、症状を自覚するのは遅くてすむ・・・はず。

 

最近の眼鏡はオプションでブルーライトカットやUVカット機能もついていて、優秀です。

仕事でPCを多用するのですが、私の目も随分楽になった気がします。

 

面長で顏の横幅が小さめなので、ウエリントンタイプを選びました。夫からは不評でしたが、大きすぎず快適です。

 

_____________________________________________

Myopia regression after LASIK

 

 

I had LASIK in a hospital in 2008.

My eye sight was pretty good for 10 years after LASIK, but now it become poor - down from 20/16 to 20/25.

Unfortunately, recent survey says some people’s vision got worse within a decade after LASIK.

Please refer here.

 

I felt sad about myopia regression of my eyes. Then I made my glasses at an optometrist, called “JINS”, to avoid the danger of driving.

I asked for them not to make my glasses too strong and adjusted it 20/20.

People usually become long-sighted eyes in their 40s, so near-sighted eyes might become a merit for over 45-year-old people.

Those who originally have long-sighted eyes tend to suffer bad eye condition because they can't see short and long distance for their eye aging.

Recent glasses have lots of useful functions, such as blue light and UV protection.

Thanks to these glasses, my eyestrain from work is getting better.

 

I chose a Wellington type because I thought it would fit my face.

I like my glasses though my husband doesn’t so.

 

場違いの場所に放り込まれて

それからは、一度の離婚を経験しながらも、何とか生きてきました。

正規の職につくことなく、役所の臨時職員などを転々として、疲れるとやめる、ということを繰り返していました。

子供が生まれて一歳になった頃に、それまで契約社員として勤めていた会社をやめ、再就職先を探し始めました。満員電車での遠距離通勤に疲れてしまったのです。

その際に紹介されたのが、今の会社になります。

外資系とはいえ、日本支社なのでそれほど英語を使う機会はないだろうと楽観的に考えていた私。

それが間違いだったことは、入社初日にわかりました。

 

周囲で飛び交う、英語、英語、英語…。

オフィスでは日本語ですが、skype会議の際は皆英語を使用。

海外からかかってくる電話も英語。

届くメールも英語…。

 

もちろん、英語を放棄して20数年の私にはかなり過酷な世界でした。

アドミとはいえ、英語を話せないと誰にも相手にしてもらえません。

周囲は専門職の一人事務な上、英語を話せない私…。

足手まとい以外の何者でもありませんでした。

 

軽蔑の視線をうけながら、やはり別の会社にしておけばよかったと思うも、時すでに遅し。

社会経験が乏しく、40過ぎの私をパートとはいえ事務でやとってくれる会社は、多くはありません。

こうして私は、腹をくくって英語に向き合うことになりました。

 

(下に下手くそな英訳がありますが、勉強のため書いています。ご容赦ください)

 

___________________________________________________________________

Getting into hot water

 

After graduation, I managed to make a living though I had experienced some tough situation like divorce.

I changed my job frequently as a contractor or part-timer. Unfortunately, I have little experience as a permanent staff so finding job was sometimes very difficult.

As my son became one year old, I quit a contractor and started to look for a new opportunity because I was really exhausted by the long-distance commute.

Then after some struggling, I found my current job through a public employment security office.

Depending on each company's culture but working at a foreign-affiliated company is sometimes not easy for non-native.

I was optimistic though I cannot speak English at all.

My choice was not correct and I realized this crucial fact at my first day of the job.

 

I was surprised at the new circumstance because almost all employees speak English fluently.

Every online meeting is hold in English and phone calls are sometimes in English.

Of course, lots of e-mails are in English.

 

This circumstance was too tough for me – because I stopped learning English 20 years ago.

I was turned away in some business situations.

I was the only person as an office assistant and other employees are IT specialist.

Sometimes I interrupted their work because of my poor ability of English.

 

I was disappointed, but the ship has sailed.

For those who are around their 40s with no specialization, finding a new job is not easy.

So I decided to tackle this tough situation and started to learn English again.

 

私の英語力

私は、中学生の頃から勉強が苦手で、特に英語と数学が苦手でした。

当時は中一から英語の学習が始まったのですが、先生にあてられてテキストをスラスラ読む同級生を見て、焦りのような気持ちを覚えました。

「皆どうしてそんなに英語ができるの?!」と半ばパニックになったのを覚えています。

私の英語力はその後も伸びず、通知表に2が並ぶこともザラでした。

 

中3のギリギリで、詰込み学習をして何とか高校には進学しましたが、そこでも成績は泣かずとばず・・・。

進研ゼミ(今のBenesseですね)のテキストの問題が全く解けず、全国の受験生はこんなに難しい問題を解いているのかと涙目になったのを覚えています。

 

数学も英語もできないという絶望的な状態だったので、私は地元の小さな短大に進学しました。

一応、英文学専攻でしたが、ここでも遊び呆けて、ろくに勉強もしていませんでした。

短大を出る手前で、ギリギリ英検2級に合格しましたが、当時の2級なので(英作文もなかった!)、今でいうとTOEIC400点台の実力だったと思います。

学校を出たあと、「これでやっと英語から解放された!」と思いました。

二度と英語なんて学習しない、と本気で思っていました。

 

これが、私の学生時代の英語学習史です。

今読み返すと、まさに黒歴史ですね…。

 

(下側に、自分の勉強のために下手な英訳をしていますが、気になさらないでくださいね。)

 

 ______________________________________________________________________

My studying truck of English

 

I have not been good at English and Math since I was young.

When I was a junior high school student – It was about 25 years ago, though – I sometimes saw other students read English textbooks really fluently. I was shocked and felt upset.

"Why do they speak English so well?" I thought.

But I do not like studying, so my English skill was not improved.

 

I studied very hard at the end of my junior high school days, so I managed to get a permission of entering a high school.

But at the high school, I did not study seriously, I had lots of Cs on my report card.

“Shinken-zemi”, called “Benesse” now, which is a Japanese famous publisher, has been providing correspondence courses for students. I took its English course, but it was so difficult that I could not catch up with it.

 

I was not really good at some subjects, but I entered a small junior college in my region.

I majored English literature there but I did not spare a lot of time for studying.

Before graduating the college, I barely passed 2nd grade certificate of English proficiency test.

But the test was not so difficult than today, and my ability of English was still poor.

After graduation, I thought “I was freed from studying now! I’ll never study English from now on!"”

 

That was all my English learning track record in my school days.

Looking back on my history, I think it is really shameful.

自己紹介

はじめまして。

40代、毎日パートと子育てに追われながら暮らしている「みずき」です。

ここには備忘録として、英語学習の記録や日々あったことを書いていきたいと思っています。

 

英語を勉強しているのは、今のパート先が外資で必要に迫られて・・・

という部分が大きいです。

とはいえ、大昔に英検2級をやっととれたくらいの実力で、大学を出てからは全く英語を勉強していませんでした。

最初は英語の勉強がとてもとてもつらかったです。

親切なオンライン英会話の先生に助けられて、少しずつ前に進んでいます。

 

1月末には、TOEICを初受験予定。

まだ何も準備できていないのですが。。。 

 

備忘録としてのブログなので、あまり面白くはないかもしれないですが、

よろしくお願いします。

 

____________________________________________

Self-introduction

 

Hi, I’m so glad you to visit this page.
I’m Mizuki, a part-time worker in my 40s. I’m so busy at work and child raising every day.
I’m not sure how many people read this blog, but I’d like to write this  as my note to record my learning of English and daily events.

Now I study English because speaking English is essential in my workplace.
Unfortunately, I’m not good at English, and I have not studied it for 20 years after graduating a college.
But now my English skill is improving little by little by taking online English class.

I’m going to take TOEIC L&R test on this January. (Actually, this is the first time for me to take TOEIC test.)